メル友とどこまでいけるのか?それも自分次第


メル友の女性との交際をどこまで進めることができるか、それはまさに自分自身にかかっています。そもそもその女性と最初に知り合ったとき、お互いの関係はどんな感じでしたか?

女性側も、最初からあなたと会いたいだなんて考えていなかったかと思います。でもその気持ちを変えたのはあなた。メール交際を頑張って順調に進め、女性の気持ちを掴んで会うところまでこぎつけたのですね。このことはデートに当てはめることもできます。

女性は最初から、デートでホテルに行くなんて考えていないでしょう。でもその気持ちを変えるのは男性側の頑張りにかかっています。もう一度言います。最初は軽い気持ちでメル友としてメール交換を始めた女性が、あなたに会いたいと思い会ってくれている。

そうさせたのはあなたです。あなたが彼女を思いやりながら交流を続けたことが今のすばらしい結果を招いているのです。だから、最初に彼女が考えていないからといって実現不可能ということはないといっていいでしょう。デートの約束をしたけど、どこまで関係を進められるだろう・・・・それは

彼女がどう出るかにかかっているのではなく、あなたがどう行動するかにかかっていることなのです。成り行き次第では「暗黙の了解で気付けばホテルに・・」なんてこともあるでしょうし、特に何もせず、食事しただけで帰った、なんて結果になるかもしれません。そう、男性であるあなたの頑張りで結果は変えられます。

だから顔を合わせるところまで要ったら、メールだけで交流していた時よりも更に相手のことを思いやってお付き合いを進められるかどうか、そこが重要です。「食事ぐらいならOK」と女性が言ったからといって、食事だけしかだめなんだ、と諦める必要はありません。女性の気持ちを考えながら、自分の理想の結果へ導くために努力すること。

そうすれば未知はいくらでも開けます。女性の心をどう捉えて動かすか、それはあなたの頑張りにかかっているのです。

オトしやすい女性とは

メル友として知り合った女性と、男女の関係になることを「オトす」と言います。

男女の関係とは、改めていうまでもなく、日常的にエッチをする関係になるということです。

単なるメル友からセフレに発展させるには、ある程度のテクニックが必要です。また、闇雲にアタックするよりもコツを知っていた方が、オトす成功率も高くなります。

さて、オトしやすい女性とは、どんなタイプの女性でしょうか。

基本的に女性は寂しがり屋で甘えたがりの部分を持っています。普段から元気で明るく悩みなんてなさそうな女性が、実は根っからの寂しがりやだったりするものです。気が強くて気丈に振る舞っている女性も、その傾向が強いようですね。

家に帰って独ぼっちになると、途端に寂しくなる女性は多いようです。

そんな時に大きいのが、メル友の存在。

寂しさを紛らわしてくれるメル友には、つい自分の本音を漏らしてしまう。

もし、貴方がメル友からなかなか進展しなくてイライラしていたとしても、もう少しタイミングを待ってみましょう。

彼女はメル友を特別な存在だと自分で認識できた時がきたら、今までの努力は一気に報われるでしょう。

そもそも出会い系サイトに登録して掲示板に書き込みをしている時点で、彼女は寂しい部分を埋めようとしているのです。

ただ、自分でも自分の本音に気づいていないだけかもしれません。強がっているだけなのかもしれません。

そんな女性ほど、タイミングが合えばオトしやすいということを頭に入れて、出会い活動に励んで下さい。

デートアポに向けてデートアポのタイミング

いくら楽しくメールのやり取りをしていたとしても、実際に会うとなると何となく抵抗感を抱いてしまうという女性はけしてめずらしくはありません。抵抗感はもちろんのことですが、非力な女性ですから「知らない男の人に会うのって、ちょっと怖いな」と感じるのも無理はありません。

もし、メル友の女性に会ってみたいなと思っているのであれば、まずは彼女のそういった不安を理解してあげてください。そしてそれを取り除くように対応しておくことが必須となってきます。そもそも、知らない相手と初めて会うということは男性だって緊張します。緊張したり、怖いと感じてしまうのは、相手が「知らない人」だからです。

このことをよく理解してほしいと思います。メールのやり取りのなかで、あなたについてよく知ってもらうことがとても大事に成ってくるのです。

メールのなかにあなたの仕事のことや住んでいる場所のこと、休日の過ごし方などを書いて送っておくといいですね。また、話の流れのなかで、人となりやものの考え方なども伝えられるとなおいいでしょう。なるべく正直にあなたの基本的なプロフィールを伝えつつ、アピールもしておくのです。

そうすることによって、彼女のなかであなたはただの「知らない人」から「知らないけど、会ってみたい人」という存在に変化していくことが期待できます。そうなればデートも近いうちに実現させられることでしょう。もしうまくいかないのであれば、アピールが足りないのかもしれません。相手の気持ちを汲み取りつつ作戦を立てましょう。

最新記事

  • 【公務員・Oさん(49)】 この歳でこういう体験を話すのも恥ずかしいですが、若い頃の私は奥手で、女性とのお付き合いにも興味はありましたがどう声をかけてもいいかすらわからず、始めて女性と付き合ったのもずいぶんと年齢を重ねて …

    夢の18歳~専門学校生

  • 結婚は二の次にして、恋人関係を楽しみたいという気持ちが優先的に過ごしてきました。 でも、24歳に最後の彼と別れて以降、最近まではちょっと長く一人の時期が続きました。 やっぱり、一人ってさみしいし、何をやっても張り合いがな …

    安心して彼氏と出会えた~20代独身女性の体験談~

  • メル友と初めて出会った日〜19歳女性の体験談〜 私は高校を卒業して大学に行かずに地元の会社に運よく内定して仕事をしています。ここ1年のうちに仕事が忙しくなってだんだんと仕事人らしくなってきたなぁと自分でも思っているのです …

    メル友と初めて出会った日